FINE 1983
 1983年1月号

1月号では1982年10月7〜11日に行われた、IPS丸井プロサーフィンの特集が組まれていました。

ショーン・トムソンのライディング

波で破壊された大会本部

久我孝男プロ
ファイナルはトム・カレン vs トム・キャロル!
勝者はトム・カレン!!
この大会は台風19号の影響でによる、強風、波で本部、テントが破壊されたらしい。。。
波のサイズも頭オーバー〜頭半位だった模様。まぁ、当時初心者の私には無縁な波でした(笑)

1月号(12月発売)は年末パーティ特集!
今では見る事の出来ない、かなり恥ずかしい・・・。女性の体型が全く判りません(爆)
この中に現役サーファーは残ってるのかなぁ??


 1983年2月号

スウィートロコガールの部屋
今ではあり得ない部屋・・・。シニア世代には懐かしいかもよ。

FMステーション 海行きグルマ
中山美穂主演映画「波の数だけ抱きしめて」
はこのFM放送局をテーマにした映画でした
この時代でサーファー車の定番は”赤いファミリア”だったでしょう。


 1983年3月号

東西おしゃれ比較大研究
東京も大阪も変わらないと思うんですが・・・
東京(左)、大阪(右)でのメイク比較です。どちらがお好み??私には大阪女性のメイクは病的に見えます

海で見つけたサーファーガール。湘南編
サーファーガールなのに、何故か男も・・・


 1983年4月号

潮風が好き! サーファー流おしゃれ学入門
ウェットスーツの斜めカラーデザインが懐かしい。この頃流行ってましたね。

小物を置いたり、ジグソーパズルを飾ったり・・・、部屋に黒電話が有るだけでも優れていた時代でした。20年後に携帯電話、パソコンが発達するなんて事は頭の中には有りません


 1983年5月号

ザ・サマーガール!
夏も間近でサマーコーディネート集で、プリントスカート、ミニスカート、ワンピース、キュロット、ショートパンツ、サブリナ、水着、他アクセサリーで組まれてました。男の私には関係ない特集。今見てみると夏=生足だけど、この年代はストッキング使用が当たり前だったのでしょうか?
モデルの質も徐々にUPしてきたかなぁ??
サーフブランドでは、アイパ、WRB(ウエイン・ラビッド・バーソロミュー)、ライトニング・ボルト、テッド、オニール、OP、サーフィング・ハワイ、サンセットタウン。クイックシルバー、H3O、オフショア、リエントリー等

KIKI
な〜んでも全てKIKI !その他にライター、弁当箱、キーホルダーにリストバンド、靴下・・・
ドリンクまで有ったとは知りませんでした。。。


 1983年6月号

ザ・サマーガール!
大野薫プロを紹介

湘南サーフボードスナップ100
主流はシングル&ツインフィン、トライフィンは殆ど僅か・・・

名作のストーム・ライダース公開!
左からショーン・トムソン、トム・キャロル、マーク・リチャーズ。その他、サイモン・アンダーソン、ウエイン・ラビッド・バーソロミュー、ジェリー・ロペス・・・が出演。私は江戸川区の総合文化センター(小ホール)にて鑑賞しました。


 1983年7月号

サマーライフカタログでは流行の水着を紹介、
波乗り道中記
千葉の特集記事の中で、今は無き赤提が載っていました。
堤防先端から飛び込む二人 赤提前の駐車場にて

左の地図は千葉の各ポイントを紹介していますが、現在部原の”おばゃん下”がババ・ザ・ウォールとなっている他、現在ポイントとして紹介されていない”天津小湊”が載っており、千歳と千倉のポイントが入れ違っています(笑)


 1983年8月号

夏休みハンドブックの”鵠沼へサーフィンに行く”より
私の知る限り、この号で風間トオルが初登場である。
当時は無名のモデルだったが、この後メンズnonno から俳優へと売れ始めるが今は???
この特集で夜はレッツ・ダンス!だって w
マジック
ナバーナ
玉椿

モンスターウェーブのマーベリックスで亡くなったビッグウェイバーのマーク・フー(左)と若い山下達郎も


 1983年9月号

ザ・サーファーボーイ・セミナー
デイライフとナイトライフ
特集の中で勝又プロも登場、この時はプロになる前の貴重?な写真かなぁ?

サーファーボーイの素敵ルーム拝見

(東京)マジック (大阪)マハラジャ
フラッシュ・ダンス / アイリーン・キャラ 1 スタート・サムシング / マイケル・ジャクソン
レッツ・ダンス / デビッド・ボウイ 2 シー・ウォークス・ハード・ソー・ミー・ザ・マネー / ドナ・サマー
彼女はサイエンス / トーマス・ドルビー 3 レッツ・ライク・イット・アップ / デビット・ジョセフ
今夜はビート・イット / マイケル・ジャクソン 4 ステイト・ファーム / ヤズー
君はトゥ・シャイ / カジャ・グーグー 5 ウェイティング・フォー・ユー / オクソ
踊るリッツの夜 / タコ 6 今夜はビート・イット / マイケル・ジャクソン
メネジ / メモリー 7 ベイビー・ジェーン / ロッド・スチュアート
ドント・ストップ・ザット・クレイジー・リズム / モダン・ロマンス 8 君はトゥ・シャイ / カジャ・グーグー
ベイビー・ジェーン / ロッド・スチュアート 9 フラッシュ・ダンス / アイリーン・キャラ
ソー・メニー・メン・ソー・リトル・タイム / ミケール・ブラウン 10 モダン・デオ・ラブ / ダイヤルM


 1983年10月号

サーフィンが上手くなりたい秋
左の写真は部原メイン駐車場、中央の写真は夷隅の海岸です。夷隅の写真では遠くに河口堤防のテトラ意外にはテトラの投入はされていません。テトラ投入前の波は今と違いストレートで、チュービーな波質で、今の波質とは全く異なります。又、リーフポイントの紹介で、部原のサンドラ下ポイントのレストランが運営している頃の写真もありました。(右写真)

ASP GUNSTON500
ドジ井坂氏のレポートで、優勝はハンス・ヒデマン
ハンス・ヒデマン マーチン・ポッター ショーン・トムソン ウィナーのハンス・ヒデマン


 1983年11月号

海で見つけたサーファーガール 新島
昔からナンパアイランドと言われてますが、今も夏は同様なのでしょうか?

FINEで見るサーファー5年史より
1978年 1979年 1980年

1981年 1982


 1983年12月号

海で見つけたサーファーガール 吉浜

ASPワールドツアー・丸井プロ
千葉県勝浦市の部原で10月4日〜10日に行われた
トム・カレンとトム・キャロル、中央はドジ井坂氏 トム・カレンのボトムターン バートン・リンチ
日本からは糟谷修自、榎本郁夫、久我孝男、岡野教彦、福田義昭選手が出場。ファイナルはトム・カレンとトム・キャロルの対決!トム・カレンのロングライディングで優勝!
グレッグ・デイのカットバック トム・キャロル

スーパーサーファーを紹介するコーナーの最終回は岡野教彦 ライディングかマリブでのショット

Designed by CSS.Design

inserted by FC2 system